自動車保険 ~電柱にぶつけた?

自動車保険ランキングやの正しい選び方、自動車保険乗り換えに関する知識
  1. TOP
  2. 自動車保険の基礎知識
  3. 対人保険は絶対「無制限」がオススメ

対人保険は絶対「無制限」がオススメ


img_c059 交通事故で人にケガを負わせてしまったり、死亡させてしまったりすると、当然加害者には損害賠償責任が発生します。
 
 賠償金は数千万円から数億円になる場合も珍しくありませんが、あなたは何千万円・何億と支払う事ができますか?
 高額賠償となると、自分で支払うのは非常に困難ですよね。その為に、任意保険である「自動車保険」に加入するのです。
 ただし、自動車保険(任意保険)に加入していれば、自賠責保険で足りなかった分も、この対人保険(対人賠償)が充分であれば、お金の心配は無くなるのです。

 しかし、対人保険は自分と家族には適用されません。
 この定義は、生計を共にする家族、一つ屋根の下で生活しているかと言う事になります。身内でも、生計を共にしていなく、家屋を別にして生活していると、それは他人となり、対人保険の補償が適用されます。

 例えますと、よく、おじいちゃんが運転する車にて、自宅前で孫をひいてしまったと言うニュースを見ますが、その場合、そのおじいちゃんと、孫が同じ家で生活してた場合には、対人保険は降りません。
 別居生活していた孫が、たまたま遊びに来ていたと言う事であれば、保険金が降りるのです。
 もちろん、他人や友人・親戚など、同居していない人は、補償対象となります。

 対人保険の保険金設定額は、最初から「無制限」と言う自動車保険会社も最近は出始めまています。
 昔ながらに、対人保険金を3000万円、5000万円、1億円など設定できる保険会社もありますが、万が一の為に、安心して運転もできるよう「無制限」での契約をお勧め致します。
 現状としては、約99%の方が、無制限にしていると言われています。

 今一つ、ご確認致しますが、自動車保険は、車に掛ける保険です。
 自分が運転していなくても、自分の車を友人なり、配偶者や家族が運転していた時に事故を起こしても、その車の「所有者」が責任を負います。
 刑事罰・行政処分を受けるのは、事故を起こした本人ですが、賠償責任が生じるのは、その車の所有者となる為、自動車保険は、その車の為の保険なのです。

コメント


Pocket
保存
はてな
ブックマーク
Google+
シェア
Follow on Feedly