自動車保険 ~電柱にぶつけた?

自動車保険ランキングやの正しい選び方、自動車保険乗り換えに関する知識
  1. TOP
  2. 自動車保険の基礎知識
  3. 自動車保険が使える例

自動車保険が使える例


信号停止中の相手車両に追突してしまった場合

 相手がケガをしたら     ⇒ 自賠責保険&対人賠償責任保険
 相手のクルマが壊れたら   ⇒ 対物賠償責任保険
 自分や同乗者がケガをしたら ⇒ 人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険
 自分の車が壊れたら     ⇒ 車両保険

 事故の相手がケガをした場合、まずは自賠責保険で補償されます。
 治療が長引く場合や、自賠責保険の支払い限度を超えた場合には、自動車保険の対人賠償責任保険で支払われます。
 また、相手の車が壊れたらその修理代や代車費用は対物賠償責任保険から支払われます。
 自分の車が壊れた場合は、車両保険に加入していれば車両保険から支払われます。
 
 逆に、自分が被害者になった場合、相手から補償を受けることになりますが、自分で搭乗者傷害保険に加入していればその補償も受けることができますので、忘れずに請求しましょう。

歩いている時に後ろから来た車にはねられ、逃げられた場合

 自分のケガ ⇒ 人身傷害補償保険

 人身傷害補償保険は歩行中の事故でも補償されます。
 補償内容は治療費や休業補償、精神的損害などです。
 ただし、“被保険自動車搭乗中のみ”という内容になっているときは補償されませんので、契約時に注意しましょう。

走行中、前を走っているダンプカーから小石が落ちてきて、フロントガラスにヒビが入った場合

 自分の車両の損害 ⇒ 車両保険

 車両保険は自動車事故だけが補償の対象ではありません。
 盗難や火災・爆発、洪水・台風による損害も補償されます。
 石はねによる損害も補償の対象です。
 ただし、車両保険にはエコノミータイプとフルカバータイプがあり、エコノミータイプでは補償されない事故もあります。
 なお、保険を使うと、翌年からは等級ランクが下がり、保険料が高くなりますので、修理するにも、保険を使うかどうか、熟慮願います。

img_c087

コメント


Pocket
保存
はてな
ブックマーク
Google+
シェア
Follow on Feedly